スポンサーリンク



突然会社が倒産?会社が倒産したらまずやる事

2020年1月22日

りりこです!

もし自分の会社が突然倒産したら?
あなたはそんな事考えた事はありますか?

実は私、約2年前に自分の会社が倒産をしました(;゚∀゚)

ある日突然、社長から『うち倒産するから』と伝えられ解雇。

当時の私はブログ内では明るく振る舞っていましたが、頭が真っ白、足はガタガタ震え『この先どうしたらいいのだろうか…』と不安でいっぱいでした。

そんな私も現在は無事に次の会社に就職して悠々自適に暮らしています。
この文章を読んでいるあなたがもし、
『自分の会社が倒産してしまった』
『自分の会社倒産するかもしれない…』
と不安になりネットで『会社が倒産』と検索してこのページにたどり着いたなら、私の経験が少しは役に立つかもしれません。

会社が倒産したらまずやる事を私の経験談を通して書いていきます。

突然会社が倒産して、その後の行動が分からないという方はご参考になれば幸いです。なるべく分かりやすく噛み砕いて書くので、転職経験のない方にも必見です。

雇用保険失業給付(失業保険)を受け取る為にハローワークへ行き申請する

失業後、『離職票』を持ってハローワークへ行き失業保険を申請します。

失業後10日以内にハローワークへ持っていかないと保険がおりないので、
離職票が届いたらダッシュでハローワークへ行きしょう。

ハローワークで求職申込書を記入し、再就職の為の様々なの支援を受ける事ができます。
また、解雇、定年、契約期間満了で離職の場合は7日後に雇用保険失業給付金が受給されます。

支給期間は離職日の翌日から1年間です。
申請が通れば毎月お金が入るので、次の就職先が決まるまでそのお金で生活することになります。一つ注意点としては失業保険申告後、7日間は待機期間となるので仕事をしてはいけない決まりになっています。仕事をした場合は雇用保険が受給されない可能性があるので大人しく待っっていましょう。

 

社会保険から国民健康保険へ変更するために区役所へ行く

失業保険申告の待機期間7日間の内に、区役所へ行きましょう。
失業時に会社から『健康保険厚生年金保険資格等取得(喪失)連絡票』の書類を受け取るので、その書類を持って近くの市役所か区役所へ行って国民健康保険へ加入します。

また、保険料の納付は口座振替にするのが原則ですが、口座振込依頼は銀行窓口でないとできません。区役所ではできませんので、自身の銀行に行き手続きしましょう。

少し話が脱線しますが、
国民健康保険に加入するということは、今まで会社支払ってくれた保険料を自分で支払います。年金も同様です。私の場合は年金は銀行に行くのが面倒だったので、請求書をもらってコンビニで支払っていました。当時は無収入の中での保険料と年金の支払いは家計を圧迫しました。今まで会社に全て任せていたので、自分が年金と保険料を支払うことで初めて『こんなに国に支払っていたのか』と実感しました。これを機に社会制度に関心を持ち、自分で税対策や社会制度を調べるきっかけになりました。

今まで節約=倹約と思っていましたが、
国の税制や社会制度を知るということは、大きな節約にるという事をこの経験で知りました。

 

スポンサーリンク



 

ハローワークで求職支援をしてもらう

無事に7日間の待機期間を終えると、ハローワークから求職支援をしてもらいます。
具体的には、

1.適所や職業経験の応じた職業相談・職業紹介
2.求職活動を支援する為のセミナーなどの開催(面接練習や履歴書、職務経歴書の書き方など)
3.就職を支援する為の各種情報提供(求人情報など)

などです。ハローワークの担当者から今後どういった会社に就職したいかを話し再就職活動をします。

ちなみに私は、すぐに転職にはせず職業訓練校へ行き4ヶ月間、勉強してました。グラフィックデザイナーだった私はWEB業界に興味あり、コーディングが学べる職業訓練校に行く事を決めました。

今考えると、突然会社が倒産して焦って、たいした情報収集もせず次の会社の就職を決めなくて本当に良かったです。
ここからは私の経験談を書きます。

焦って転職をしない!情報集取をしっかりしてから次の会社に行く事

これは私の経験談ですが、当時会社が倒産して焦った私は広告代理店でディレクターをしている知人に相談し、ある会社を紹介していただきました。

私の要望は
『WEB業界に転職がしたい。未経験でも雇ってくれる会社はないか』でした。

知人のディレクターは直ぐに取引先のWEB系の会社を紹介してくれました。
私はその会社に連絡をとり、急いで作品集と履歴書、職務経歴書を作って面接に行きました。

面接では、一次面接から社長さんが担当してくださり前職のグラフィクデザイナーの経験を評価していただいて
『是非一緒に働こう』と言ってくださいました。

しかし、次の二次面接で専務の方が面接対応をしていただいた時は対応が真逆でした。
『WEB見経験なんだよね…本当にできるの?』
『うちの会社相当キツよ』

まぁおっしゃる通りです。
当時、HTMLやCSSの知識も全くなく、ただ趣味でブログを書いて『WEB業界って面白そう』と思って志しただけで現場経験がありません。

『やる気はあります!』
食らいつく私。
ですが内心は本当にこの会社でやっていけるか不安になってました。
不安を感じながら面接が終わり、その翌日にはメールで面接の結果が出ました。

まさかの内定。

ですが内心、あまり嬉しくありませんでした。
条件が余りにも悪かったからです。

・基本給13万円
・添付書類で『退職後同業他社には就職してはいけない』『自分で似たような事業はしてはいけない』という契約書。

いくら未経験でもお給料13万円では生活ができません。
仕事内容は魅力的でしたが、無職・未経験ということで足元見られている様な労働条件・・・。
そしてその後、採用担当者から『来週には来てください。』
これはブラック企業臭がプンプンしました(゚-゚;)

転職活動も初めてだったので分かりませんでしたが、
本来であれば採用通知をいただいた後は、採用担当者と面談をして労働状況を話し合った上で採用を受けるのか決めるそうです。

この会社を紹介してくれた知人には申し訳ありませんが、辞退しました。

もちろん早く再就職先が決まれば再就職手当が貰えて良いですが、会社選びは多少時間がかかっても慎重にした方がいいと思います。特にIT系の会社は情報収集を怠り安易に転職すると、とんでもないブラック企業の可能性があるので注意が必要です。
言い方が悪いですが、夢を餌に低賃金でしかも過重労働で働いてくてる人を探す会社もあります。

その後、WEB業界に詳しい知人に辞退した会社の事を聞くと、
案の定、仕事がハードで残業が多く離職率の高く為、常に求人を募集しているような会社でした。『本当に行かなくて良かったね』と知人は言っていました(゚-゚;)

今こうやって思い出すと、面接してくれた専務さんいい人だったかもですね∑(;゚ω゚ノ)ノ

倒産など会社都合での離職の場合は雇用保険失業給付金が直ぐにもらえます。
そのお金だけで一人暮らしの私でも節約すれば何とか生活できました。

後ほど調べて分かりましたが、雇用保険失業給付金の他にも国は多くの転職に為の保証制度があります。
この社会制度の内容は今後違う記事でまとめようと思いますが、知っていると知っていないとでは大きく違うので、
まずは社会保障は何があるか調べ、その制度を大いに活用しましょう。

まとめ

久しぶりの投稿が会社倒産という内容でした(;゚∀゚)
1年以上経つと書けることもあるかなと思い記事にしました。

私もまさか自分の会社が倒産するなんて夢にも思いませんでした。
やはり会社が倒産して、翌日から働けなくなるというのは精神的にかなりキツいものがありましたが、
職業訓練校へ行きWEBの勉強をして前の会社よりもかなりホワイトな企業に転職することができました。

倒産をバネに社会制度をしっかり活用すれば、スキルアップにも繋がります。
ここで私が一番言いたいことは
『焦るな!です』
もし、会社が倒産して不安、会社が倒産したらどうしようと考えているあなた。
大丈夫です!何とかなります!

りりこでした!

▼応援の意味も込めて『ポチッ』として頂けたらとても嬉しいです♥励みになります♥
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク