スポンサーリンク



実はキケン!食べてはいけない食品!意外なものだった!?

りりこです!

30代になるとやはり20代に比べて体力の低下は否めなくなってきました。
情熱だけでがむしゃら仕事!とはいかなくなりますね…。

実は私、今年に入って何度も体調を崩しています。
先月も病院に行ってましたし。

やはりこれからは健康的も考えて、食生活を見直そうと思います。

そこで今回は、実は健康によくない食品をまとめてみました!

プラスチックの成分と一緒!マーガリン

バターの代用品として生まれたマーガリンですが、トランス脂肪酸といった自然界に存在しない物質が入っており、万病の元と言われています。
過剰に摂取すると、心臓病、糖尿病、発達障害のリスクが高まります。

うつ病に!?白砂糖

白砂糖は栄養もなく代謝のためのミネラルを奪ってしまします。
さらに免疫力の低下、うつ病、ガンなどあらゆる病気を引き起こす危険性が!!
砂糖はオリゴ糖か、きび砂糖にしましょう。

 

発ガン性物質の高い添加物が含まれている!ソーセージ・ベーコン

美味しいですよね!私大好きなのに!
発ガン性物質の高い添加物が入っていることが多いです。
特に気をつけたい添加物が『ソルビン酸カリウム』『亜鉛酸ナトリウム』『過酸化水素』『赤色着色料』
購入の際はチェックしましょう!

 

栄養がない!?白い穀物

主に白米や小麦を使った食材パン、うどんなどです。
アメリカの栄養学者の中では『空っぽのカロリー食品』とも言われているそう。
米は玄米、パンはライ麦パン、うどんではなくそばへと栄養価の高い食品に変えましょう。

 

まとめ

私自身が、風邪を引きやすく常に体調が悪い状態で仕事をしていました。
体調が悪いだけで気持ちも落ち込んできますよね。
前向きになりたくても体調が悪くては前向きになれません。

残業の多い会社に勤めているのでなかなか自炊はできませんが、現在は白米から発芽玄米。
三温糖(これも白砂糖と対して変わらないようです)からきび砂糖。
牛乳は豆乳へ。
マーガリンはバターに変更。
ソーセージ・ベーコンは封印。

できるところから食生活を改善していこうと思います。

体は食べたものから作られます。
質の良い食事に変えて体の免疫力を高め、病気にならない体づくりをしたいですね!

今日も読んでくださりありがとうございます!

りりこでした!

 

▼この記事が気に入りましたら、この記事もオススメです!是非参考にしてみてください★

花粉症対策!甜茶の効果とは?

デスクワーク必見!座骨を意識した正しい椅子の座り方

▼応援の意味も込めて『ポチッ』として頂けたらとても嬉しいです♥励みになります♥
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク