スポンサーリンク



この飲み会乗り気じゃないな…飲み会の上手な断り方って?

2020年3月11日

りりこです!

大人になって交友関係が増えると飲み会のお誘いが増えます。
昔は一人の寂しさからかできるだけ参加していましたが、そんなに楽しくもないのに一回の飲み会で1万円は軽く飛びます。

節約生活をするようになってからは飲み会を断るようになり最近では飲み会の誘われることもなくなったので楽なもんです!
ですが、断り方にはかなり神経を使います。
断られた側は少なくても良い気持ちにはならないので。

ですので今回は飲み会の上手な断り方をご紹介します。

 

相手によって断り方を変える

私は飲み会を断る時は、相手によって断り方を変えます。
仲が良くて気の許した相手だったら今回のように正直に
『ごめん今月お金使いすぎたからセーブする!』と正直に打ち明けますが、

最近仲良くなった人には『先約があって』とか『体調が優れない』と言って断ったりします。

『誘ってくれてありがとうございます』とお礼を言う

せっかく誘ってくれたのですから、断る前にしっかりお礼を言います。

『誘ってくれてありがとうございます。』
『本当は行きたいのですが、先約があり参加できません。』

など『本当は行きたかった』という気持ちは相手にしっかり伝えるのも良いです!

次はできるだけ自分の方から誘うことは意識しています。

交友関係を築きたい相手であれば、

『0日でしたら空いてますので、もしよろしければこの日に飲みませんか?』
など一言入れるとスマートになります。

『忙しいから』参加できませんはNGな断り方

嫌われる断り方に『忙しいから』というフレーズは使わないようにしています!

私も仕事柄常に忙しいので、20代前半の時『忙しい』発言を連発していました。
結果、友人からの誘いがなくなるという経験がありました。
パタリと飲み会の誘いが来なくなると寂しいですよ。

しかし、逆に『忙しい』を利用して『みんなと飲みたいから無理やり時間空けた!』と言うと好感度が上がります。

上手な断り方をマスターして良い人間関係を築きたいですね!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

りりこでした!

▼応援の意味も込めて『ポチッ』として頂けたらとても嬉しいです♥励みになります♥
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク