スポンサーリンク



『閉じた質問』と『開いた質問』で初対面の人と会話を広げよう!

2018年3月20日

りりこです!

実は3月に入ってから自分の中で新生活特集と決め、色んな内容の記事を書いてきました^_^

今回も、新生活特集です!
春になると新しい環境、新しい人間関係と新しい事尽くしの方も多いと思います。

特に不安なのは、新しい人間関係で上手くやっていけるかだと思います。

そこで今回は、コミュニケーションが苦手だなぁという人に向けて、初対面の人と仲良くなる為の会話テクニックをご紹介します!

初対面の人と会話をする時は、まず会話の幅を広げて相手の事を知る事が大切ですよね?これから教えるのは心理カウンセラーのテクニックの一つである質問の仕方です。

質問には大きく2つに分かれます
『閉じた質問』と『開いた質問』です

まず『閉じた質問』とは、基本的にYESかNOで答えらたり、答えが明確で一言で返せるような質問です。

例えば、
『今日は暑いですね?』『そうですね』
『年齢はいつくですか?』『30歳です』
『出身地は何処ですか?』『長野県です』
『血液型はなんですか?』『A型です』
『趣味は何ですか?』 『キャンプです』
などがあげられます。

この質問は答えやすいですが、会話を広げることが難しいです。しかもこの質問を繰り返すと場合によっては相手に不快な思いをさせることもあります。

しかし会話の始めは大体『閉じた質問』です。
次に『開いた質問』を投げかけて会話を広げましょう!

『開いた質問』とは、一言では返せない質問です。
答えが明確ではなく相手を考えされる質問です。
そこには相手の感情が入り、相手を知るには効果的な質問の仕方です。

例えば、
『私、長野県に一度も旅行に行ったことないんです!オススメの観光スポットあったら教えてください』

『キャンプ前から興味あったんです!キャンプの魅力って何ですか?』

『オススメのスキンケア教えてください』
などです。

例えが少し難しいですね^_^;
私の場合は、まず『閉じた質問』を投げかけて、自分の話も織り交ぜつつ『開いた質問』をしています。
相手と仲良くなるにはある程度自分の話(自己開示といいます)をしないと相手は心を開いてくれません。

会話が上手な人は、質問上手だったりするんです(^^)

私は10代、20代前半の頃はコミュニケーション力が低く、初対面の人と話しても中々会話が広がらず、悩んでいました。

社会人になってから色んな年齢の人と出会い、仕事で飲みの席に参加したりして次第にコミュニケーション力が身についていきました。

コミュニケーション力を上げるにはやはり訓練だと思います

昔の私もそうでしたが、コミュニケーションが苦手な人は自分の事しか見えていない方が多いと思います。
『この人に嫌われたらどうしよう…』とか
『会話が続かなくてつまらない奴だと思われたらどうしよう』とか

まずは、相手の気持ちを考えて相手がどうしたら気持ちよく会話してくれるのか考えながら会話しましょう^_^

『閉じた質問』で会話の話題をポンポン出して、この話題だと笑顔になるな〜とか、前のめりになったなぁと思ったら『開いた質問』で会話を広げていくといいですよ。
どんな人でも自分に興味を示してくれる人には悪い気はしないと思います(^^)v

『閉じた質問』『開いた質問』最初は難しいかもしれませんが、少しだけでも意識するだけでコミュニケーション力は変わっていきます(^^)
是非参考にしてみてください。

▼趣味でイラストを投稿しています 商用フリーの素材イラストです
イラストボックス
https://www.illust-box.jp/member/view/

イラストAC
https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=AVkP8prl&area=1

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク